離婚する前に考えておきたい離婚後のお金に関する生活設計

離婚する際、必ずつきまとうのがお金の問題です。
特に、専業主婦の方は生活設計をきちんと行っておかないと、離婚後経済的に困窮するかもしれません。

そこでここでは、離婚後の生活設計で気をつけるべきお金についてご紹介しますので、離婚を検討されている方は参考にしてみてくださいね。

離婚時に気をつけるお金について考えよう


離婚の際はもらうお金も、かかるお金もあります。
その項目をあらかじめ把握しておくと、計算違いでガッカリ…ということをなくせるでしょう。

財産分与

夫婦が結婚後築いた財産を離婚後清算し分けることを財産分与と言います。

財産分与の対象となるのはマイホームなどの不動産、家具や家財、預貯金、マイカー、株券、保険解約返戻金、退職金…など、夫婦が協力し合い取得したものについて全てです。
ただ、結婚前に貯めた預貯金などは財産分与の対象にはなりません。
また、婚姻期間中でも相続で得た財産については財産分与の対象外です。

財産分与で気をつけたいのが負の財産です。
たとえば、婚姻期間中に夫がギャンブルや交際費などで作った借金が財産分与の対象になるのか、気になりますよね?

負の財産については、夫婦生活を営むためであれば財産分与の対象となりますが、夫が自分のためだけに借りたものなら対象外とされています。
つまり、夫婦の片方がギャンブルなどで作った借り入れについては財産分与の対象外となるわけですね。


年金分割

年金分割制度によって、離婚後夫の年金の一部を受け取ることができるようになりました。
ただ、注意したいのは国民年金は対象外で厚生年金に対してのみ適用されるということです。


また、独身時代に支払った分については対象外で、婚姻期間中のみ対象となっているので注意しましょう。

生活費

夫が仕事をしお金を稼いでいた場合も、離婚後は自分1人でお金を稼がねばなりません。
そのため、専業主婦の場合、離婚後すぐ生活に困窮する可能性があるため要注意です。

離婚を計画する段階から仕事を探しておいたり、公的援助について調べておくなど、離婚後の生活設計について計画しておきましょう。

健康保険

また、専業主婦の場合は夫の健康保険や国民健康保険に加入していると思いますが、離婚後はこれらのお金についても自分で払っていかねばなりません。
変更手続きや加入手続きなどを済ませておきましょう。


住まい

離婚後、最もお金がかかるのは住まいの費用ではないでしょうか?
子どもの親権を獲得した場合、養育費を支払ってもらう代わりに、夫が家族で住んでいた家のローンを払い続けるケースが多いです。
ただ、夫はマイホームから出ているため、必ず払い続けてくれるとは限りません。


もし、将来夫が住宅ローンのお金を払わなくなってしまえば、妻と子どもは出て行くしかありません。
このリスクを考えると、実家の親に頼れる方は実家に戻り同居させてもらうのがおすすめです。
実家の親が元気であれば、自分が外で仕事をしている間子どもを見てもらうこともできますし、家賃や光熱費も安く済みますね。

子どもの養育費

お子さんをお持ちの場合、離婚後気になるのは養育費だと思います。
成人するまで子どもを育てるにはかなりのお金がかかってきます。
たとえば、日々の食費や被服費、教育費…などですね。
離婚前にこれらのお金についてしっかりと考えておく必要があります。

ある調査によれば、離婚後の養育費についてきちんと取り決めをしている母子世帯は42%程度だそうで、養育費に関する取り決めをしないまま離婚しているケースが多いです。

しかも、もし夫が養育費を支払わなくなった場合、強制的に財産の差し押さえが可能なように書面で取り交わしているケースはそのうちのたった20%程度だと言われています。

つまり、ほとんどの母子世帯が養育費についてきちんと取り決めをせず離婚してしまっているわけですね。

引っ越し時の費用

意外と忘れがちなお金が離婚時の引っ越しにかかる費用です。
いったい、どのくらいの引っ越し時費用がかかるのか見てみましょう。

東京の場合を例に挙げてみると、
敷金・礼金、家賃、仲介手数料、鍵交換代、火災保険料、引っ越し費用…となっています。
ちなみに、敷金・礼金は家賃の1〜2ヶ月分のことがほとんどで、仲介手数料は家賃の1ヶ月分程度です。
鍵の交換代や火災保険料はケースバイケースですね。

引っ越し業者へ依頼する場合、費用を安く済ませようとするなら、通常のプランではなく単身パックなど、お得なプランを選ぶようにしましょう。
また、土日に引っ越しをすると割高なので、平日に引っ越したり、時間帯を指定しないなど、工夫するといいでしょう。


離婚後のお金が不安な場合の相談先

以上、離婚後の生活設計で気をつけるべきお金にはどのようなものがあるのか、具体的に見てきました。

離婚後、生活に不安がある場合はお住まいの自治体の福祉課で相談してみるのも手です。
公的な手当や制度を教えてもらえたり、生活保護の相談ができたりします。
またファイナンシャル・プランナーなどに相談し、今後の計画を立てるのも良いかもしれません。

感情的に離婚を決意してしまうと、離婚後お金で苦しむことになりかねませんので、離婚を考えた時点で、離婚後の生活設計についてしっかりと考えておくべきです。

離婚を決断する前に、どのようなお金が必要なのか、もう一度じっくり、そしてしっかり考えてみてください。

離婚に関連する記事

Copyright (C) 離婚後の生活設計ガイドブック All Rights Reserved.